利用方法

高速バスの利用する方法はとても簡単です。乗りたい時間のバスを見つけて、その切符を買えば良いだけです。バスには乗り継ぎはありませんので、一度乗ってしまえばもう目的地です。切符を買うための方法は現在大きく分けて2つ存在します。1つは、直接購入する方法。1つは、インターネットで購入する方法です。それぞれにメリットとデメリットが存在するので細かく紹介します

・直接購入する
直接購入できる場所は、高速バス乗り場になります。最寄りの高速バス乗り場に行き「○○時発の○○行きをお願いします。」と言えば売ってくれます。わざわざ足を運ぶ必要がありますが、とても簡単です。その上、インターネット上では売り切れてしまっている路線のバスでも窓口で確認すると乗れる可能性があります。(詳しくは後述)空きの確認だけなら電話でも出来ますので、ネットで無理な時も諦めずに利用してみてください。

・インターネットで購入する
現在の利用者の大部分がインターネットで購入しています。インターネット購入ですと、割引を受けられたり、スマホの画面を見せるだけで乗車できたりします。ただし、便利故にインターネット購入には購入枠が設定されている可能性があります。A社は5席まで。B社は8席までと言った設定です。そのためインターネットやコンビニの端末での予約が一杯だったとしても、直接問い合わせをすると乗れるケースがあります。多くの人がインターネットを利用する現在だからこそ、直接購入をする方が実は確実な状況がわかります。

どちらを利用するのではなく、両方を併用するのが良いでしょう。