どこまでいける?

高速バスでどこまで行けるかは、路線がある限りはどこまででもいけます。高速バスには目的地に直接到着する物ではなく、各社の高速バスが集まるターミナルに到着する物があります。そう言ったターミナルに到着するバスを利用し続ければ、どこの目的地にもたどり着けます。

ためしに本州縦断を調べてみたところ、まず青森~東京の高速バスに乗ります。料金が9000円で、時間が9時間30分かかります。次に東京~福岡の高速バスに乗ります。料金が12,700円で、時間が14時間かかります。最後に福岡~鹿児島に乗ります。料金が3,600円で、時間が3時間かかります。(楽天トラベルより)

つまり、1日半と25,000円かければ高速バスで日本縦断が可能です。ただし、乗車時間のみの計算ですので、実際は乗り継ぎの待ち時間とバス特有の時間のズレなどを考えて、約2日かかると考えていた方がよいでしょう。ちなみに新幹線を利用すると、東京~鹿児島間は、だいたい7時間で、約30,000円で行けてしまいます。電車で普通列車のみで行くと約2日で、20,000円でいけます。価格の面でも負けてしまうため、よっぽどの高速バス好き以外は利用するメリットは無いでしょう。

高速バスのおすすめは夜行で一晩で移動できる範囲です。そのため時間にすると6~8時間と言ったところでしょう。ちょうど東京~関西方面がその位の時間になるので、それを目安に高速バスを使い、それ以上遠くなる東京~広島や東京~福岡は新幹線の利用をお勧めします。